2005.07.16

軽井沢のたび

先週末軽井沢に行ってまいりました。
いつもの女四人メンバー、母、叔母、妹と私。
昨年の湯西川以来のお出かけとあってはりきってました。


金曜夜高校時代のともだちと新宿で会ってから帰宅後、家のこと、掃除、旅行の準備などで
ほとんど寝てないまま、お迎えがきてしまう。
関越に乗ると川越、鶴ヶ島の手前で思いっきり渋滞にはまってしまった。
あわせてトイレ問題も勃発。
高速を降りてしまいました。
迂回して懐かしのサイボクハムのあたりを通る。
以前このあたりまで出稼ぎ家庭教師してたころを思い出す。
当時の教え子はもうママだって年賀状に書いてあったっけ。


途中眠気がピークになり、運転を母に交代。
母は私が結婚して実家を出るのをきっかけに免許を取りました。
原チャリ専門だった母があの年齢で車の免許を取るなんて!
私はそれまで以上に母を尊敬するようになりました。
(それに引換え叔母は免許持ってくるの忘れ。。。おいおい)


高速に乗ってからは順調に軽井沢まで。
一日目はショッピング大好きアウトレットです。
大雨で寒いくらいでしたが、早速四人それぞれフリーになってお買い物。
軽井沢アウトレットのNEWEASTはトレイもキレイ。
私は、というとお気に入りのショップを覗くがなぜかいざアウトレットに行くと
それまでのテンションが一気に下降し結局あんまり買わない。
PUMAのTシャツもアニエス・ベーもJCREWも
また今度でいっか、
という気になってしまう。
唯一必要に迫られ傘を購入。525円也。値段にしてはかわいい柄でした。


3時間ほどぶらついてお目当ての店で夕食。
アトリエ・ド・フロマージュ
人気のお店だけに前日に席を予約していてよかった。

p251iS03494
自家製硬質チーズフォンデュ

p251iS03495
ニュッキのボロネーゼグラダン


おなかもいっぱいになりお宿へ移動。
エクシブ軽井沢 サンクチュアリ・ヴィラ
客室の全てがスーパースイート。
昨年のエクシブ鳴門サンクチュアリ・ヴィラもよかったけど
軽井沢もまたジャグジー付きのゆったりした客室。

_014
それにロビーでフリードリンクコーナーがよいのです。


部屋に着くと各自自分の寝床を勝手に確保。
スパでミストサウナに浸りゆっくりした後は渋滞と寒さに疲労がどっと出て私は早々に就寝。


2日目。
前日早く寝たため寝覚めがよい。
エクシブ軽井沢本館に行き、朝から運動。
メニューはストレッチ、筋トレ、エアロバイク。
40分くらいだったけど汗をかいて爽快。

メンバーみな早起きでさてどこへ行こうか何食べようかと盛り上がっている様子。
まずは見晴台へと向かいました。
外の空気はさらっとしていて気持ちがいい。
いかにも別荘地という道路は走っているだけでも癒されます。
「グリーングリーン」
と意味不明な言葉を発してはしゃぐ叔母。
曇っていたけれど見晴台はよかったです。

_021

ぶらぶらした後は昼食にそば。
旧軽人気店のおそばはかけそば900円となかなかいい値段です。
p251iS03496

小一時間ぶらぶらして買い物など。

p251iS03497
鶏肉好きにはたまらない焼き鳥屋わかどり

p251iS03498
浅野屋のパンは種類が豊富で見移りします。
比較的冷静に(?)吟味してブルーベリーベーグルなど購入。


その後旧軽から車で約30分走り、
ツアーポイントになっていた佐久に住むお友達をたずねました。
昨年は手作りパンでおもてなししていただきましたが
庭にはそれこそいろんな野菜が植わっていて
ラズベリーなど食させていただきました。
そしてです。
p251iS03499
生の杏にブルーベリージャムをのせていただく。
素朴な甘みが広がります。
わたしたち家族を温かく迎えてくれた友よ、ありがとう!


三日目。
スーパーマーケットツルヤで買出しです。
お勧めの長者原キムチはお土産用に。
p251iS03501
無添加で白菜もシャキシャキ。
主人も美味いと気に入ってました。

旧軽で最後の買い物。
私はかなり疲れていたので避暑散歩でぶらぶらしておりました。

p251iS03500
食べ始めると止まらないごんぼうせんべい

今回も旅もまたおいしいものに出会え楽しめました。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005.04.06

千歳烏山のパン屋 Breadal One

カテゴリーパンが好き!で数回登場している千歳烏山にあるパン屋Breadal One
ちとからーず(ちとからに住む人たち)からもコメントが多く寄せられています。

開店時間30分前に並んでみたけど次々に集まるお客さん。
このお店はケースの中のパンを見ながら
「○○パン二個、××パン一個・・・」
というように注文して買う。

注文を言うと
「あっ、それ美味しいわよ!」
と後ろに並んでる常連さんから声がかかったりする。

そして何より後に並んでいるお客さんからの

 人気パンがなくなっちゃうかもしれない
 たくさん買い占めるんじゃねぇぞぉ~

っていうプレッシャーを感じながらのオーダーになる。
小心者ゆえ大量に買いたいけど買えないのは無言の圧力のせい(笑)
それでなくてもパンを前にすると興奮し、酸欠気味、判断能力が著しく低下する体質なもので。
このパン屋に並んで買うだけでなんだか疲れてしまうのは気のせい?
p251iS03461
クリームパンは絶品。
きなこあんぱん、りんごパン、生地がもちもちしてます。
クロワッサンも好きです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004.12.05

見るといつも行列が・・・烏山のあのお店

夏におすそわけをくれたあのパン屋

車で近くの踏み切りを通る度にちらっと見ると
ちょっとした行列ができてます。

おお、今日も人が並んでる!

ってなんだかうれしくなります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.10.03

パン屋レポート④:手作り欧風パン 葉山ボンジュール

この土日は鎌倉山、藤沢に行きました。

きのうは天気もよく第三京浜をすいすい走って意外と早く鎌倉山に到着。

私たち夫婦が車で出かけようとすると、
どんより曇り空プラス雨、
みたいな天気があんまりよくないことが多いのです。
日頃のおこないのせい?

だから、
こんなに晴れてうれしいなぁ、わーい、
って主人ともども浮かれてました。
はっきりいって調子に乗ってました。

そしたら案の定っつーか、
今日は大雨。
きのうの晴天と帳尻を合わすかのような荒れ模様。
あーあ。

それでもいろんな体験ができた楽しい鎌倉山ツアーでこざいました。


とにかくおいしい!
と事前の情報収集で聞いていた手作り欧風パン「ボンジュール(BONJOUR)」

100年の伝統、本格的な手作りパンは添加物を一切使っていないという。

お店に入るとそれこそたっくさんのパンが並んでいました。


パン好きだからといってパンならなんでもよい、
というわけではないのです。

お店に入ったときのそのお店の雰囲気、香り、パンたちの表情などなど、
そういったいろんな情報が総合的に私に訴えてくるのです。

グッとくるパン屋
というのは言葉では言い表せないけど違うんです。

そういうパン屋に入るととたんに興奮状態になっちゃいます。
それはもう
感動!
としか言いようがない。
これは絶対に間違いない、みたいな。

で、今日行ったボンジュールはまさにそんなパン屋でございました。


どれにしようかな、じろじろ見ながら店内をうろうろ。
ああ、また今日も「全部買いたい、全部食べたい・・・」


で、選ばれしお買い上げのパンたち。
p251iS03411.jpg
左から、
ベーコンエピ
パンオレザン
フランスパン(けしの実)
こしあんぱん(天然酵母)
かぼちゃクリームのパン


スタッフ募集の張り紙を見逃さない私でした。

葉山ボンジュール鎌倉山店

住所 : 神奈川県鎌倉市鎌倉山2-16-36
電話 : 0467-31-9155
営業時間 : 8:00~18:00
定休日 :水曜日

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.08.23

昨日のブランチ パン焼き器

全粒粉や玄米のパンと野菜のスープをごちそうになった

ともだちはホームベーカリーを愛用している
材料を好みで調整して楽しんでいる様子 
香りがいい!
外がカリカリで中ふわふわ。
おいしい!

すごいぞナショナル。

パンのある生活いいなぁ。
p251is00774.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.14

うれしかったこと

今日夕方少し風が出てきたころウォーキングに出かけた。
祖師谷公園を目指して京王線沿いを給田方向にサクサクと歩く。

最近オープンして気になっていたパン屋の前。
シャッターは閉まっていて張り紙には夏季休業と書いてある。

なあ~んだ、残念、

と思いながら工房をのぞいてみた。
窓からみると中では店主がせっせとパンを焼いていた。
若い店主は私に気づくとすかさず窓をあけ

「すみませんちょうど夏休みで」

と言う。
そういいながら、

ちょうど試しでパンを焼いているのでどうぞ召し上がってください、

といって三種類くらいのパンをわざわざ切って出してくれた。
遠慮なく味見させていただく。

キノコとチーズのパンは風味がよくてオイシイ!
ワインに合いそう。

なんでも食パンは12時開店と同時にほとんど予約で売れてしまうらしい。
(ちなみに予約は電話では受けてないそうです)

そんな雑談をしていたら
どうぞお持ち帰りください、
とパンを三種類袋に分けてくださった。
これまたなんとウレシイ!

こんどは必ず買いに行こうと心に決めました。

P251iS03402.jpg
おみやげでいただいたパン 
夫も気に入ってました
P251iS03401.jpg
お店の外観

Breadal One
営業時間:12:00~14:00、17:00~20:00
月・木定休

こんなパン好きな私の今日の嬉しいエピソードを
ブログに書こっかなぁ、
と思っていた矢先、
ちとからにお詳しいYukioさんからこのパン屋のことでコメントをいただきました。
なんとまぁ、偶然とはいえすごいタイミングでちょっと驚いてます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.08.09

パン屋レポート③:薪窯パン&ケーキ 麦(Muji)

最近気になる西多摩方面。
青梅の山あいにある薪窯で焼くパン屋 「麦(Muji)」に行ってきました。
沖縄語では麦を”むじ”というそうです。


このお店は奥さんが10年ほど前から趣味でパンを焼いていて
そのおいしさが口コミで広がって販売するようになったそうです。


岩倉温泉に近いこのお店。
看板の道標に従い細い道を奥へ入っていくとありました。
庭に彫刻が置いてあったりちょっと不思議な空間。

P251iS03638.jpg
パン工房の入口 かわいらしい
P251iS03637.jpg
薪釜 これで焼きます

パンはプレーンとぶどう(大800円、小400円)。

ケーキは五種類。
黒ゴマ,かぼちゃ,にんじん,バナナ,りんご(大1000円、小700円)。

他にもクッキー、ラスクなども数種類売っています。


すぐに売り切れるとウワサに聞いていたのでパンは事前に電話で予約しておきました。
薪釜で焼いているので表面がパリッとしています。
パンは素朴な味と香りがします。
たしかにミネラルたっぷりってかんじ。
P251iS03639.jpg
ぶどうパン いい香りです

有機素材たっぷりのしっとりケーキは自然な甘み。
マイルドな口あたり、しつこくないのでたくさん食べちゃいます(注意!)。
P251iS03640.jpg
黒ゴマ(おともだち推薦!)とかぼちゃ

薪窯パン&ケーキ 麦(ムジ)
住所 〒198-0002 東京都青梅市富岡3-885
TEL&FAX 0428-74-4525
営業時間 10:00~18:00
定休日 月曜日 年末年始 夏期休業あり

この日は夕方から
スリランカ舞踊&タイ舞踊の夕べ
というイベントがあって
イベントスペース(芝生の空き地、のどかでいい!
ではすでに本場スリランカカレーを煮込んでました。
涼しければ是非参加してみたかったなぁ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2004.07.05

パン屋レポート②:オーガニック・ベーカリー&デリ アコルト(der Akkord)

全ての原材料をオーガニック(無農薬有機栽培)に限定、徹底的に安全を追求しているというベーカリーに行ってきました。
その名もオーガニック・ベーカリー&デリ アコルト(der Akkord)

水は日本アルプスの天然水、塩は完全天日海塩ゲランドとフルール・ド・セルを使用。
マクロビオティックの考えに基づき、砂糖(はちみつ、メープルシロップ等の甘味料一切)、動物性食品、添加物を使用していない。
酵母は全粒粉と水と塩だけで自家培養した自然酵母サワー種。

ものすごいこだわりです。

パン好きな私。
期待に胸をふくらませお店を訪れました。
ワクワク・・・

どれもこれも買いたかったのです、本当は。
しかし、
んんん・・・
お値段が・・・
高ひ・・・
徹底的にこだわりを追求するとコストが高くなってしまうんですねぇ、はぁ。

たくさん買うのはあきらめて・・・
悩んだ末、レザン(ヴァイツェン生地にレーズン入り)一山 600円と、
サツマイモのタルトを購入。

パンは固いです。何度も噛んで味わっていただく。
タルトの方もお菓子のふわふわ感は全くなくてもっちりとしてました。自然な甘みを堪能。
こういうパンを食べると
「自分でパンを焼きたい!作りたい!」
気持ちが高まります。

アコルトとは、ドイツ語で和音という意味。

全国宅配、デリバリーもやっているそうです。

オーガニック・ベーカリー&デリ アコルト(der Akkord)
住所 渋谷区神宮前5-45-5
Tel:03-6419-2928
Open 11:00~18:00
水曜、第3火曜定休日 夏期年始休
HP:http://www.der-akkord.jp/

P251iS03625.jpg
お店の外観
P251iS03626.jpg
レザン(ヴァイツェン生地にレーズン入り) 600円

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.03

パン屋レポート①:窯焼きパン工房 Zelkowa(ゼルコバ)

ずっと前から気になっていたパン屋「ゼルコバ」とカフェ「ぎゃらりー繭」に行ってきました。
このお店、水曜と土曜のみ営業していて売り切れると終了してしまうためきのうは会社を休み、火曜夜から実家に泊まるという気合十分な私でした。
土曜に行けばいいじゃん、というつっこみはなしよ(^^;))


このお店の特徴は農家のお宅の一部だということ。
ケヤキ並木の五日市街道沿いの古い農家。
P251iS03388.jpg
ゼルコバとはケヤキのことだそうです。

敷地内にはパン工房、パンのお店、雑貨屋、養蚕に使っていた蔵を改造したというカフェ。
庭ではEM農法(土を微生物で元気にし、消毒にも化学的なものは使わない製法)で作った採れたて野菜を売っています。
犬も元気に走りまわってました。

パンは純国産小麦を天然酵母でじっくり発酵、薪をたいた石窯で焼き上げています。
そのほかの素材も、レーズンなどはカリフォルニア産のオーガニックのもの、砂糖は三温糖、塩はカンホアの塩(ベトナムの完全天日製法のミネラル豊富な塩)をつかっています。
P251iS03389.jpg
素朴なパンが並んでいる。
香ばしいにおいがたちこめてました。
全部食べたい。。。

P251iS03383.jpg
EM農法で育てられた新鮮な野菜。
大きなサニーレタスが100円は安い!

10時からカフェギャラリー繭が開店。そこで今買ったばかりのパンも食べることができます。
日差しが強かったけれど外で食べる朝食は気分がとてもよかった。
P251iS03384.jpg
穀物コーヒーと野菜サラダをオーダー。

どのパンも適度に固くて味わいふかくてほんとうにおいしかった。
平日の朝、それに決して交通の便の良いとはいえない立地にもかかわらずひっきりなしにお客さんが来ていて人気のほどを実感。

第三金曜日夜にはカフェにて窯焼きピッツァを販売しているそうで、そちらもとっても気になるのです。
9月中旬頃よりリニューアルする予定だそうです。
そのため7/24(土)営業後9月中旬まではお休みだとか。
また近いうちに行かないと。

窯焼きパン工房「ゼルコバ」

東京都立川市西砂町5-6-2

(西武立川駅より徒歩12分)
水土のみ(但し第3土曜を除く)

TEL 042-531-2392
営業時間9:00~売り切れまで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.10

天然酵母のパン屋『ルヴァン』

天然酵母のパン屋として有名な『ルヴァン』。
井の頭通り沿い富ヶ谷の交差点近くにあるので車で通ると買います。
土曜日代々木公園に行く前に何種類かのパンを購入。
量り売りがなのでいろいろ買ってみました。
パン好きにはたまらない空間。
P251iS03375.jpgP251iS03376.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)