2011.03.25

ココログ for iPhone 利用開始します!

1301051386044.jpg
ココログ for iPhone にトライ!

モブログも好きでしたが期待に胸を膨らませてます

久しぶりにSamuel Adams をいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

ちとからノート二周年!!

内緒で始めたブログも二年。

12月は一年でもっとも体調がよく今年もばりばり年末モード。

これからもどうぞよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.11

アクセスカウンター 200000!!

旅行から帰ってきました。
運転中、中島みゆきの大吟醸を歌いながら(みんな眠ってるんだもん。。。)
B’z、ポルグラいっぱい聴きました。
で、練馬降りた後環八が混んでました。
そこがもっとも疲れた。
母の車は登り坂でブレーキ踏んでないと激しく後退します。

帰宅してブログみたら
アクセスカウンター20万超えてました。

カウンターをつけたとき
「アクセスカウンターはいつぶっ壊れてもおかしくないからね」
と夫に言われ
そういうもんなのか
じゃあいつ壊れてもショックを受けないように心の準備、準備
と自分に言い聞かせてました。
そしてこれからも言い聞かせつつ書き続けるのでした。

これからもどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.04.16

カテゴリーにパスタ館オープン!

カテゴリーにパスタ館を設定してみた。
タ○ヤ館のパクリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.31

今週の予定:オフ会@烏山

2/3(木)平日夜(ハナモク←死語!?)ですが
なんとか駆けつけたいものです。
詳しくはコチラ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.12.14

『ちとからノート』一周年!

毎年思うのですが私は12月が一年でもっとも好き。

年末の慌ただしいかんじ。
街はクリスマスでにぎやか、浮わついてる。

でも、今年も終り、って
少しさみしいかんじがして(私は年中さみしいO型ですが・・・)。

体調も良い気がします。
生まれ月だからなのか。


そんな師走真っ只中、ブログを始めて今日で一年経ちました。
はじめはこそこそ隠れてスタートしましたが、
いろんな方に訪れていただけて嬉しいかぎりです。
自分発見も多多。
(自分がこんなにも食べものやパンに興味があるとは!?
知りませんでしたぁ(笑)
知人に「この人のブログ食べものばっかり」って
言われたときも、反論できず・・・汗)

今ではブログはあってあたりまえの毎日。
これからもどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.08.16

オフ会参加しませんか~お誘い~

わがまち千歳烏山(ちとから)にてオフ会が開催されます。

オフ会ははじめて参加なので今からちょっとどきどきです。

ご興味ある方、お近くにお住まいのブロガーさん、
いっしょに参加しませんか?

あのBlogPeopleを運営する永沢さんも参加するとのことですよ。

詳細はこちら

ちなみにこの会、泥酔ぴーぷるのオフ会となってますが
私は泥酔ぴーぷるではないはず。

でもお仲間に入れていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.08.03

カウンター100000超えたっ!!

今日アクセスカウンターが10万を超えました。

昨年12月ココログを内緒で始め、
隠れブロガーもたった一週間で夫にバレ、
その後約8ヶ月
ちまちまとネタを投稿してきました。

今年に入ってから
他の方のマネをしてアクセスカウンターを自分で取り付けたときは
6桁までいくなんて全く想像してませんでした。

素直に嬉しいです!

これからも自分のためにブログを続けていこうと思ってます。
どうぞよろしくお願いします。
なんか、妙にカタイ?わたし

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.06.14

結婚式、もう一回やるとしたら・・・

トラックバック野郎にひさびさ投稿。
お題は結婚式のエピソード


夫も私も結婚式、披露宴はやってもやらなくてもどっちでもよかった。
何しろお金がかかりますから。
でも親はやるのがあたりまえでしょ、っていうかんじ。
準備はそりゃーいろいろ大変でした。
式場とのやりとりでブチ切れることも多々ありました。
その度に
「結婚式は親のためにやるのだ」
と自分たちに言い聞かせてました。


「女の子はウェディングドレスに憧れる」
というのは私には当てはまらなかったです。

子供のころから
「ウェディングドレス着たい!!」
なーんて全く考えたことなかったし、
結婚に対して、期待とか幻想は抱いていなかったです
それはある意味正解)。

そんなわけでドレス選びというイベントも、私にとってはこなすべき作業の一つのようなもの。
試着に行ってもまわり(両家の母親と私の妹)が盛り上がってるだけで当の本人は
なんでもいい~
状態でした。


結婚式の準備あれこれに疲弊しきっていた私たち。
ドレス選びの日にビデオカメラを持って行ったはいいけどいざ撮影ってときに

バッテリー切れ・・・

夫が私の母親からの信頼を一気に失った瞬間でした(笑)。
それ以降も肝心なときにかぎってバッテリー問題が勃発する傾向が・・・)


そんな私たちですが、披露宴での音楽、BGMの選曲にはこだわりました。
一部をご紹介。

新郎新婦入場:
TBSドラマ「関ヶ原」テーマ曲
お色直し新郎新婦入場:
『ツァラトゥストラはかく語りき』 映画「2001年宇宙の旅」の音楽
キャンドルサービス:
映画「ムトゥ踊るマハラジャ」の歌 『クルヴァーニ村で』
両親への花束贈呈:
美空ひばり『人生一路』

特に花束贈呈の際に司会の方が
「新婦の大好きな美空ひばりさんの曲、人生一路 です!!」
と紹介してくれたことは嬉しい思い出。


BGM準備などにご協力いただいたおともだちには感謝しています。
その節はいろいろありがとうございました。

いろいろ大変でお金もかかったけれど結局親も親戚も喜んでいたので
結婚式やってよかったな、
と思っている。


もう一回やるなら、今度は象に乗って登場!!
したいな。
それも白い象
っていうか、象に乗りたいだけ???)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.04.30

手作り?いなり寿司

大学一年のときのこと。六大学野球早慶戦をサークルのみんなで観戦することになった。

前日の夜、同学年の子から電話連絡があって
「女子は明日お弁当を二人分持ってくるように、席を取るために徹夜で並んでいる男子に差し入れるから」
というのだ。
電話を切って一気に憂鬱になった。
「な-んでそんなことしなきゃいけないの!?徹夜で並んで席を取ってくれるのには感謝しますけど前日に言われたってこっちも困るんです!!」
だいたい女子がお弁当差し入れる行為自体が男子に媚び媚びするようで
キモチワルイ、ウザイ
って思っちゃうタイプなもんで、わたし。
あ~やだやだ
いるでしょ、コンパとかで勝手に大酒飲んで(当時は一気とかすんごいやってた)潰れちゃってるようなヤツを率先して甲斐甲斐しく介護したりする女子。そういう人種と正反対に位置してます、わたし。

話しはそれましたが、で、お弁当です。
なに作ろう、なに持ってこう・・・んんんーーーーーーと考えました。
で思いついたこと。

セブンイレブンでいなり寿司を買う。
そして弁当箱に詰め替える。
手作りでーす。OK!OK!


おにぎりとかサンドウィッチなんかだと手作りじゃない、買ったな、ってバレそうだけど、いなり寿司なら大丈夫でしょ、というわけ。
早速セブンイレブンに行っていなり寿司二、三人分を調達。自宅で弁当箱に詰め替えて準備OK。

翌日集合場所に行くと徹夜組、徹夜してない男子たちに持参した差し入れを配る女子たち。
「はい、どうぞ~、お疲れさまで~す」
っていうノリ。
中にはものすごく大量に持ってきてる子もいて驚き。
私はといえば、その光景をみながら

ああ、ついていけない・・・
みんなすっごい気合入ってるな。差し入れってそんなに楽しいか?
この分だと私のは出さなくても十分足りるでしょう。うん、足りる足りる。


とおとなしくしてこっそり出さずおいてうしろの方で何食わぬ顔で佇んでました。

試合は勝ったと記憶している。

夕方試合も終了し、さて帰りましょうか、というときになって
「あ~すんげえ、腹減った」
と大騒ぎしている男子が一人。
「ねえねえ、なんか食うもんないの?」
って大きな声で言ってまわって、まだ差し入れをあてにしている。
あんなに大量にあった差し入れもすでに食べ尽くされて女子たちの反応は冷めていた。
すぐうしろで腹減った、を連発しているその人、本当におなかがすいている様子で哀れでさえあったので
「あ、ありますよ」
と私は言った。
「くれ、くれ~」
というので私はおずおずと手作りいなり寿司を差し出した。
心の中では

セブンイレブンで買ってきたいなり寿司だってバレませんように、バレませんように・・・

と祈るような思い(結構小心者 汗)。
しかし食べてる本人
「うまい、うまいねぇ!」
と目の前で一気に平らげる。よほどおなかがすいていたのか。
もちろん作ってきたいなり寿司だと信じて疑っていない。
どうあれその人のおなかが満たされたようで差し入れ持ってきてよかったな、と私は思ったのです。

実はそのいなり寿司を食べた人、私のです。
当時は名前を知ってる程度で付き合いはじめたのはずっとずーっと後になってからですが。

手作りいなり寿司のフリしてごめんなさい。
あれは正真正銘セブンイレブンで買ったいなり寿司です。

でもおなかいっぱいになったんだし問題ないですよね。


最近判明したこと、
いなり寿司は「夫の大好物だ」ということ。
それであんなにうまい、うまいって喜んでたのね、納得。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧