2006.07.07

やっぱり動物占い 

新しい職場にきて四ヶ月あまり。

「動物占いはなに?」
「トラです」

こんなやりとりが楽しい。

 この人はなんだろう? コアラっぽいなぁ

と予想して当たったときは思わずガッツポーズ!(気分だけ)

ガッツポーズといえば私はガッツポーズができない。
。へなちょこポーズにしかならずかっこよくない。決まらない。

話は戻って動物占い。
本は会社のデスクの上に常備。
メンバーの動物占いキャラリスト作成中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

本日は運勢もよく~CHICAGOが届いた日

毎日チェックするやじ夫とうま子の星占い動物占いメルマガ
今日は両方とも運勢がよく、たしかになんだかしゃきしゃきと物事が運び、嬉しいニュースなども聞けていい一日でした。

帰宅するとamazonからお届けモノ。
映画「CHICAGO」のDVDです!
先月からレンタルDVDは借りて返して、また借りて返して、、、今度は主人が観たいと言うのでまた借りて、なーんてやってるのでついに購入しました。
(ってレンタル代で買えた?)


シカゴ スペシャルエディション

音楽とダンス、俳優陣のパフォーマンスすばらしい。
スペシャルエディションにはメイキイングやリハーサル、レコーディング、撮影風景、キャストスタッフインタビューなど満載のDISC2が付いています。
気合の入ったリハーサル風景も興味深く観れます。

来日するミュージカルCHICAGOもチケットを取りました。
そうそう、来月になったらオペラ座の怪人DVDも来るんだった。


オペラ座の怪人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.23

牡牛座びいき

4/20~5/20生まれの星座は牡牛座
私は牡牛座の人が好き。
男女問わず。
経験上牡牛座の人とは仲良くなれることが多い。
だから牡牛座っていうだけでプラス得点。

逆もある。
この星座の人は気をつけよう、と思う。

自分の中での勝手な思い込み。
だけど意外と外れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.17

さわらないで

私は手がベタベタしている状態が好きじゃない。
つねにサラッとしていたい。
だからよく手を洗う。
だからハンドクリーム系は使わない。
マウスや受話器に少しでもベタ感を感じると
水拭きする。

なにかパソコンを見ながら話しているときに
人のマウスを勝手に操作しはじめるヤツ、
ディスプレイ画面を指で直に触るヤツ、
そういうヤツにかぎってなんかオイリーで
かならずベタっとした跡を残しやがる。


先日ミーティング中、用事があってちょっと会議室を出なければならなかった。
戻ると会議室に持ち込んでいた私のノートパソコンをS氏使っていた。

「すいません、お借りしています」

と戻ってきた私に言った。

なにやら私のoutlookから誰かにメールを送信すべくかちゃかちゃと文章作成していた。
さすがの私も勝手に使うな、さわるな、
って腹が立って

「そういうのよろしくないんじゃないでしょうか」

ときっぱり。

ふだん私はほとんど怒らないのでナメられているようだが
動物占いは「怒ると怖いゾウ」だってことを
覚えておいていただきたい。
S氏が「マイブラックリスト」に載った瞬間だった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.08.04

8月4日の朝

やや雲が多いです いまのところ風が少しあるので過ごしやすい
やじうま占いやぎ座は二位
p251is03586.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.30

「冬のソナタ占い」やってみました!

もうやった人も多いかも、
冬ソナ占い
やってみました。

結果、

あなたは コン・ヨングク タイプです!
● 人を楽しませることにかけては天賦の才能を持った人。宴会でもイベントでも、その場を盛り上げるためには、身を削る覚悟を持っています。ただ盛り上げようとするあまり、時に全裸になるなど、暴走しがちでもあります。そのくせお人好しなので、特に恋愛面では、不器用なようです。ふだんはおちゃらけた顔をしているのですが、一人になった時には、物事を難しく考えてしまいがちな部分もあります。

相性
○:キム・サンヒョク、コン・ジンスク、チョン・ユジン
△:イ・ミニョン

● misakoさんの心のふるさとは、メキシコです。


え~、ヨンゴク~
ってかんじです。

会社のお友達はカン・ミヒでした。
今日の運勢は
逮捕されそう

これにはウケた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.01.27

連載第2回 「ある私の一日」

出社時従業員用入口で警備員にIDカードを見せて会社に入る。さてさて今日もがんばりますぞ、っと。
自分の席は3階にある。会社ではほとんどエレベーターを利用せず階段で移動する。席につくとPCを立ち上げペットボトルの水を飲みながらメールをチェックする。緊急なもので即レスできるものから片づけていく。今日しなければいけない仕事を机に並べる。

ひととおりこなしたら化粧室に行ってコンタクトを入れる。以前は自宅からコンタクトを入れていたが半年ほど前からコンタクトを持参し出社してから入れるようにした。家を出てからこの時間くらいまでなら視界が少しぼんやりしていても支障がないことがわかった。 着用時間も減り、目の調子も悪くないので快適。席にもどり仕事を続ける。

お昼はだいたいいつも遅めだ。席でパンをかじることもあるし、一人でカフェテリアに行くことも多い。この日は12時半過ぎに同僚と1階のカフェテリアへ行く。途中背後から足音が続いてくる。宴会好きなYさんが私たちの後を追いかけてきた様子。話のねちっこいYさんと一緒に食べるは避けたい。。。と思いながらカフェテリアに着く。彼と話すときはいつも飲みに誘われたときの断る言い訳を念頭においておかないといけない。そういう意味でも気が抜けない。いつも一皿120円のサラダバーの列に並ぶ。野菜を目いっぱい盛ることに命をかけている。それと汁ものと大学イモの小鉢を取る。同僚はすでにYさんとIさん(やはり同じ職場の人)のいるテーブルに座っていた。奇妙な組み合わせ4人で食べ始めた。話題はもっぱら新ドラマ見た、見ない、どうだった、誰が出てるの?そんなこと。なぜが月9ドラマ「プライド」で盛り上がる。みな1時から打ち合わせが入っているようで慌ただしく食べて席に戻って行った。カフェテリアがOPENしている時間は11:30~13:30。さすがに人も少なくなっている。

午後急な打ち合わせなどが入りあっという間に過ぎる。上司は別のフロアにいるので連絡の取り合いはもっぱらメールか電話だ。毎日15時には”うらないまぐ「動物占い(R)公式:明日の運勢」”が配信されてくる。このメールがくると、あ、3時だ、と認識する。ざっとナナメ読みして削除。たいがい夕方4時ころコーヒーを飲む。常備しているのはまとめ買いしてストックしてあるブルックスのドリップコーヒー。社内でもブルックスのコーヒーを愛飲している人は多い。私は「ヨーロピアンブレンド」がわりと好みだ。徐々に日が暮れてきて明日にまわせる仕事はまた明日、っていうふうに片付けていく。電車の本数が非常に少ないため必然的に帰る時間は電車の時間に合わせる必要がある。電車の時間8分前にはPCをシャットダウンしコートを着て会社を出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.09

占い(その2)

次回は「動物占い」と予告したはず・・・、ですが予定変更します、スミマセン。
だって今日は金曜だもの。そうです、金曜といえば「ジョナサン・ケイナーの星占い(週間予報)」更新日!

「まるで生活をのぞきみられているようだ」
「当たりすぎて毎週すでに金曜日の夜中からパソコンの前で次の予報を待っているくらいです」
こんな反響が続出?!大人気で今更私が書く必要などないと思うのですが・・・
ジョナサン・ケイナーって何者?どんな占いなの?という疑問は関連するHPをご覧ください。
私とジョナサン先生との出会いはもう数年前になるかしら。
こんな占いあるよ、と紹介してもらって読み始めた週間予報。だけど、正直いうとはじめはなんとなく馴染めないかも。。。って思ってました。一般的な占い(雑誌に掲載されてる類の占い)って大抵”ラッキーアイテム”とか”今週は懐かしい人から連絡があるかも!”ってそういう内容ですからね。
ジョナサン先生の予報は文章が神秘的で不思議ワールドです。しかし、定期的にこのジョナサンのお言葉を読んでいるうち
”これってひょっとしてジョナサン先生の言葉のことじゃん!!”
という瞬間がやってきます。それはまさに予言、ってかんじ。

そのジョナサン先生がここ数週間病気でお休みしていました。年末年始も欠かさず金曜チェックしていた私、心配でした。
でも、今日の更新でめでたく復活したご様子。嬉しいかぎりです。そろそろ2004年年間予報も待ち遠しい。
ご興味ある方はいますぐAccess & Check!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.01.06

占い

朝のテレビ番組、わたしの定番はテレ朝の「やじうまワイド」
特に番組終了間際にやる「やじ夫とうま子の星占い」は欠かせない。洗面所に立ってても山羊座のときはテレビの前に移動してふむふむと確認することがほとんど。
占いなんて良いことは信じるし悪ければさっさと忘れる、私もそういう人種。
そして、もう一つ忘れてはならないのが動物占い。それについてはまた次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)